【サロンワーク応用】出来ないデザインを頼まれた時の対処法徹底解説

ネイルサロン経営/独立

ネイリストが絶対一度は直面する ”出来ないデザイン”の恐怖

今回は、個人ネイルサロンや自宅サロンをされている方から頂く悩みの1つ

「他店舗の持ち込みデザインが
できなくてこわいです。」

「できないデザインをオーダーされて
頑張ったけど酷い出来になってしまう
事が多く仕事が嫌になります

といったような内容の解決法&対処法をお伝えしていきます。

この難題、、

わたしもサロンをオープンして3年経っても怯えていたのでよくわかります><

なので今回の記事では、実際にサロンワークで使える実践的な対処法を詳しく解説していくので、同じ悩みを抱えているネイリストさんは是非参考にしてみて下さい❁

ユーザー(お客様)の予約までの思考を考えてみる

そもそもなぜこんな事が起きるのか?

ネイルをしたい方はどうやってネイルサロンを探すかというと今の時代は大体がインターネットでの検索、ネイルブックやインスタグラムなどSNS上で自分が次したいデザインを探しますよね。

そして可愛いデザインが見つかって、このデザインをしたい!と思ってサロン情報を後から見ます。

そうすると、大抵遠い場所やすぐ行けるようなサロンではない場合が多いんですよね^^;

では次に自分の行ける範囲、地域内でこのネイルをやってくれそうなサロンを探します。

条件としては

・デザイン自由

・やり放題

・価格が安い

というものに目が止まります。

そして、そのワードにヒットしたであろうあなたのネイルサロンに予約をして持ち込み画像を持ってくるという導線です。

個人や自宅ネイルサロンをされている方は特に値段を下げてしまいがちなので、凝っているデザインなのに5000円未満で施術しなければいけない状況を自分で作ってしまいがちです。

そうなると

”こんな時間かかりそうなアート技術的にもコスト的にも無理・・!”

という最悪の事態に直面してしまいます!

実際にわたしもこのパターンで当時ストーン、アート、なんでもやり放題5500円!で打ち出していました^^;

その結果、、

できないデザインをオーダーされて無理やり頑張ったけど、時間もかかりすぎるし全く違うデザインになってしまい

クレームになってしまった・・

お客様が終始不機嫌だった・・

という思いを何度もしています。

お客様にも申し訳ないし、不甲斐なくてネイリスト辞めたくなってしまう原因でもありました。。

でも!今はそんな事ありません。

ある程度技術が上がったのもありますが

とは言ってもわたしにも得意分野もあれば、
今でも苦手な技術分野もあります。

ではなにが大丈夫なのかというと対処法を知っているからです。

ここからは出来ないデザインを頼まれた時の3つの対処法について詳しく解説していきます。

出来ないデザインを頼まれる事を回避する 3つの対処法

1【サロンコンセプトを絞る】

コンセプトを絞る理由はたくさんあるのですが、その中でもデザインの的を絞ることによりそのネイルデザインを求めてくるお客様ばかりになるメリットがあります。

例えばわたしは当初ノーコンセプトだったので、あれもこれも多種多様なデザインをオーダーされていました。

まあこれはこれで鍛えられるのですが、上記にも書きましたが出来ないデザインを無理くりやると結局違うデザインになって最悪な結果になります。

キャラ物(ミッキーとか)頼まれた日には、どこの中国製?苦笑

ってな感じです、、。^^;

しかし、わたしの今のデザインコンセプトは甘くてガーリーな世界観を全面に押し出しています。

奇抜なデザインやキャラクター、的外れなデザインを持ち込む新規の方は大幅に減りました。

持ち込み画像があっても大体わたしのサロンデザインと似たようなデザインです。

なのでもしあなたがシンプルネイルデザインをコンセプトにしたのならば、ブログやSNSには凝ったデザインを一切載せないようにすることがポイントです。

ショートネイルがコンセプトなのに間違っても上手に出来たからとロングネイルを載せては全く意味がありません。

それが、コンセプトの軸に沿ったサロン作り、的を絞った集客法の第一歩です。

(上手く出来たら載せたくなるんですけどね…)

もし望んでいない客層、苦手なネイルデザインをしてるのであればそれはあなたのサロンのコンセプトがずれているからかもしれません。

2【他店舗と当サロンの材料の違いを 説明する】

それでも、的外れなデザインを持ち込まれる事はたまにあります!

あとはコンセプトに沿ってるけどできなそうなデザインもあります。

例えば、近年だとたらしこみアートは大流行していますがこのアート、具体的な技術の見極めが難しいです。

そもそも難しい技術ですしどう作ってんのこれ?!という神業なたらしこみフラワーなど・・ありますよね?笑

それってそもそも、使用しているジェルが違ったり、ジェルじゃなくて絵の具の場合も多いです。
はたまたエアブラシの場合もあります。

例えばこのネイルデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

hikaru💫(@hikarunail)がシェアした投稿

フラワーが見ただけでジェルで描いてるかどうか分からないですよね・・(実際はシールです!)

ジェルの中でも、どのメーカーなのか、どの品番なのかでジェルの質や仕上がりが違います。

それに加え絵の具?

エアブラシ?

え?シール?!
同じシールなんて在庫持ってないよ〜!

え?シールを似せて描いてくれ!?!?

なんてことはサロンワークでざらに起こります..!

なのでここで重要なのは、全ての技術を習得するように頑張るのではなく!

自分が今できる技術や持っている材料で、どこまで似せれるかを把握しておくことです。

わたしは今でもエアブラシはできませんが今後できるようになろう!とは思いません。

それはなぜかというと、エアブラシのような技法にジェルでどれくらい自分が近づけられるかを把握できているのでお客様にも説明がつきます。

ジェルのみの技術でも一緒です。

例えば、たらしこみフラワーに対して

「このデザインは、透明感は似せられますがうちのお店にあるタイプのジェルでは色合いはもう少し赤っぽくなってしまいます。」

などとお伝えします^^

同じようなカラーがあってもムラになりやすいカラーだと違う雰囲気になるな、でもこの色だとデザインの雰囲気は同じにできるな、

と一瞬で判断できます。

そしてそのことをそのままお客様に伝えて提案につなげていきます。

自分の技量と、手持ちの材料をしっかり把握することでお客様に違いを説明できるようになります。

「使っているジェルの粘度や質感が違うので、 当店ではこのデザインにはなりません。」

とはっきり言ってしまって構いません。
(お客様にはもっと丁寧に言います)

そっちの方が、お客様的にも自分的にもあとあと気持ちよく終われる!!!

出来ないものは勇気をもって出来ないとお伝えしましょう!!

 

けど、言うだけ言って終わりではダメ。

その後に「こんなデザインならできますよ♩」と提案をしっかりすることでお客様も路頭に迷わなくて済みます。

なので、しっかりと今あなたが持っている技術、材料を把握しておくことが回避ルートの近道です!

これは出来ないけど、自分がどれをやれるかも分からない、、!

では、お客様も迷ってしまい、結果時間もかかってしまうし不機嫌にもなってしまいます。

技術の確認、デザインの提案&誘導力をつければ、もう!出来ないデザインで苦しむことはありませんよ❁

 

3【予約の際に説明文を送る】

念には念を。この方法はとても有効的!

後々クレーム防止になりますし、必ず書いておくことをおすすめします。

わたしは基本的にサロン予約をメールやLINEでほぼ行っています。
(今だとLINE公式アカウントですね!)

そもそも電話があまり好きじゃないという理由もあるのですが^^;

が、予約は電話よりも確実にメールの方が良いです!

色々な理由がありますがここでの第一理由としては”できない技術があります!”ということを予め伝えておけるというメリットがあります。

実際にわたしのネイルサロンに予約してくれた方にはこのような内容の返信をしています。



ここの部分!!!!!

”当店に無いパーツや材料の違いなどで
100%一緒にはなりません。”

”他店舗のデザインでやりたいものが
お決まりであれば、事前に写メを
送っていただければ幸いです。”

これを書いておくだけでお客様も理解して来店して頂けますし、事前に写メを何枚か送って頂ければ練習するか、提案するか、ある程度の構えや準備ができますよね。

最後に”この内容で宜しければ返信を頂いて予約完了となります”と、しておくだけで全てに了承を得ている意味になり後々のクレーム対処にもなります。

これが電話だと長々説明って出来ないですし難しいんですよね、、!

なので急ぎの予約以外はメールorLINE予約に誘導するようなブログやHPを作ってみてください。

電話予約が主な方はHPなどに書いておくのも良いですよ♩

サロンワークは技術と同じくらい対応力が大事!

いかがでしたでしょうか?

1【サロンコンセプトを絞る】

2【他店舗と当サロンの材料の違いを説明する】

3【予約の際に説明文を送る】

上記の3つの方法を押さえておけば、ある程度できないデザインを無理やりやる羽目になる・・なんてことを回避できるようになります。

まあ、ネイリストというものは出来ないデザインをこなしていってできる幅が増えていくという体当たりな仕事でもありますが・・^^;

それでもどうしても苦手なデザインはあるものです!!

3つの対処法を是非あなたのネイルサロンにも取り入れてみてくださいね。

今回はサロンワークでのちょっとした回避方を解説していきました!

 


そして、このようなサロンワークで使える小技や集客法などを詰めこんだおうちネイルサロンパーフェクトマニュアルでは、ネイルサロンでの対処法などをより詳しくお伝えしています。

\現在2,000円OFF中です!/

サロンをオープンしたけどこのような事柄って一人では思いつきにくかったり、経験がないとわからない細かい部分がたくさんありますよね。

サロン集客も頭ではわかるけど、実際にどっからどうすればいいかわからない・・というネイリストさんも多いはず><

わたしは大手サロンの集客方法はわかりませんが、個人ネイルサロンでの集客法やサロンワークでの対応は出し惜しみなく教えられる自信があります!

そんな内容が詰まったおうちネイルサロンパーフェクトマニュアル、必要な方は是非より深く学んでみて欲しいです♩

コメント